ボーリングの周辺機器

  ビットは、地盤に貫入する最先端部分です。ビットが岩盤に、回転しながら押し付けられて、掘削が行なわれます。
  他に、打ち砕く掘削方法もあります。

  ビットの種類
    ボタンの画像メタルビット ・・・・・・・・・・・ 軟らかい地盤のとき (第四紀層、第三紀層軟岩など)
    ボタンの画像ダイヤモンドビット  ・・・・・・ 硬い岩のとき (中硬岩、硬岩、極硬岩など)
    ボタンの画像ロックビット  ・・・・・・・・・・・・ 主に大孔径ボーリングのとき
                         トリコンビットなど (コアは採取できない)
                         ダウンザホールハンマー (コアは採取できない) 

メタルビット ダイタモンドビット (photo TONE製)
写真
トリコンビット (photo TONE製) ダウンザホールハンマー (TONE製)

コアチューブに羽根を取り付けて、ボーリング孔が鉛直に拡孔掘削できるようにしたものです

ビットで掘削されたコアを、このチューブに収納して地上に引き上げます。つまりビットと組みになっています。